<< 2月27日のニュース:君が代、あるある捏造の会社、日本版NSC | main | イタリアのガソリン価格に関するニュース(07-2-28付) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


イタリア・ヴェネト地方と中国人に関する記事(07-2-24付)

 イタリア・ヴェネト地方にモンテベッルーナと言う小さな町があります。人口は3万人くらいです。今回はこの町と中国人に関するニュースを紹介いたします。本来は喜ばしいニュースかもしれませんが、この背景を見ると、手放しで喜べるかどうか。まあ、これも時代の流れでしょう。

(試しの翻訳) 
2007年2月24日 土曜日
ヴェロネーゼ高校と大学−中国との架け橋生まれる
(モンテベッルーナ発)
「ヴェロネーゼ」に中国との架け橋生まれる。モンテベッルーナの高等学校「アンジェラ・ヴェロネーゼ」とヴェネツィア大学オリエント学科がつい最近合意を結んだ。この合意は、純粋に実質的な理由で、中国に関するあらゆる知識−言葉から文化、法律に至るまで−を促すのが目的である。俯瞰してみれば、この土地のスポーツシステムの会社や産業界との提携をもくろんでいる。このプロジェクトの始まりは、言わばある事実によってやらざるを得なくなった行動である。その事実とは、モンテベッルーナに住む外国人の中で、中国人が一番多いこと(2006年においては合法的移民が男性370、女性311人計681人)、そして学校内と同様産業界においても絶えず増え続けている、という事実である。
 それにしても、このプロジェクトは何から構成されているのか?数週間にわたって、おそらく4月、学校の中で、大学教授主宰の文化・言語に関する討論会がある予定。この催しへの参加は、生徒、一般市民、会社に対して開かれる予定だが、今後生じてくるであろう具体的な要求に応じて整えられるであろう。

(試しの翻訳おわり)

 コメントこれは、中国及び中国人との関係強化、文化交流としてとらえる限りでは喜ばしいことなんですが、その背景に増え続ける中国人移民の存在があります。最初に書いたとおり、このモンテベッルーナの人口は約3万人。そして、「合法的な」中国人移民が681人。つまり、50人に一人が中国人、ということになります。さらに「合法的でない」中国人移民や他の地域の移民のことを考えると、地元イタリア人としては複雑な心境だと思います。ただ、そういってばかりもいられないんで、これを機会に地元経済界も、多かれ少なかれ、中国ビジネスに力を入れるのでしょう。そうすれば、この問題も福と化す可能性は十分あります。まあ、Buona Fortunaでありますね。

↓ニュースの原文を読みたい方は、「続きを読む」をクリックしてください。↓
(ニュース原文はこちら)
Sabato, 24 Febbraio 2007
Istituto Veronese e Università Nasce un ponte verso la CinaMontebelluna
(L.Bon) Al "Veronese" nasce un ponte con la Cina. L'istituto superiore di Montebelluna "Angela Veronese" e la Facoltà di orientalistica dell'Università di Venezia hanno stretto un accordo inedito. E' volto a promuovere, anche a fini prettamente pratici, la conoscenza di tutto ciò che riguarda la Cina, dalla lingua alla cultura alla legislazione. In prospettiva, si punta, in tale ottica, all'interazione con le aziende dello sportsystem e con le varie realtà produttive del territorio. L'avvio del progetto rappresenta, per così dire, quasi un "atto dovuto" per una realtà, quella montebellunese, che vede i Cinesi al primo posto fra le etnie straniere, (alla fine del 2006 in città i regolari erano 681, 370 maschi e 311 femmine) in costante progressione nel mondo del lavoro come in quello della scuola.
Ma in cosa consiste il progetto? Nell'arco di alcune settimane, presumibilmente nel mese di aprile, avranno luogo, nell'istituto, incontri sulla cultura e sulla lingua cinese tenuti da docenti universitari. Tali incontri si "trasformeranno" però, da settembre, in appuntamenti di carattere più specifico direttamente legati a tale realtà. Gli interventi, che saranno aperti ad alunni, comuni cittadini, aziende, verranno aggiustati sulla base delle esigenze specifiche che emergeranno.


http://gazzettino.quinordest.it/VisualizzaArticolo.php3?Luogo=Bassano&Codice=3276786&Data=2007-02-24&Pagina=10

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 04:49
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カンティナ・ヴァルパンテーナ・ヴァルポリ
大人気!!前回ご紹介の2003年は360本が完売!!。待望の新着2004年の入荷です。こちらもすでに120本完売。さらに24本追加入荷しました。2007.7.5赤 750mlコルビーナ70%、ロンディナイア30%こちらの赤ワインも見逃せません!!陰干しした選りすぐりのブドウから造られる、こ
  • イタリアがたくさん
  • 2007/08/13 9:42 AM
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM