<< CIA拉致事件:イタリアで初公判 工作員26人出廷拒否(毎日) | main | 【イタリア便り】米大統領も魅了した“聖地” (産経) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ローマで反ブッシュデモ・イラク政策などに反対(日経)

ローマで反ブッシュデモ・イラク政策などに反対(日経)
【ローマ10日共同】ブッシュ米大統領が訪問中のローマ市内で9日午後から深夜にかけ、米国のイラク政策やグローバル化に反対するデモと集会があり、投石などを始めたデモ隊と警官隊が衝突、双方に負傷者が出た。デモ参加者は警察発表で1万2000人、主催者発表で15万人。デモ隊の6人が拘束された。ANSA通信が伝えた。

 国内各地から集まったデモ隊は夕方、共和国広場を出発し、市の中心部を数時間かけ行進。途中、銀行のガラス窓を割ったり発炎筒をたくなどした。

 一方、穏健派はポポロ広場で反戦集会を開催。プローディ首相の指示を受けて現職閣僚は参加しなかったが、共産党や緑の党の国会議員数人が加わった。

 ローマ中心部は終日、大規模な交通規制が敷かれ、商店やレストランの多くが休業。すべての学校は休校となった。
ブッシュ大統領がイタリアを訪問したのがきっかけですね。反グローバルのデモはそんなに珍しくはない、イタリアでは。でも、店とかを壊されちゃ困るんで、店もお休みになったのでしょうね。現に銀行のガラス窓が割られた例があるわけだし。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 09:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM