<< 在任15年、さらに続投 モスクワ市長(朝日) | main | 仏ルモンド社長にジャンテ氏(日経) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


児童に「ばか」と100回書かせたイタリアの教師、無罪に(ロイター)

児童に「ばか」と100回書かせたイタリアの教師、無罪に(ロイター)
[パレルモ(イタリア) 27日 ロイター] イタリアの裁判所は27日、12歳の男子児童に「わたしはばかです」と100回書かせた女性教師に対し、無罪の判決を下した。裁判所の関係筋が明らかにした。
 この教師は、男子児童がトイレに行こうとしたクラスメートを邪魔したり、「同性愛者」や「女みたい」などと呼んだことから、罰としてそれを書かせたという。
 児童の両親はこれに対し、2万5000ユーロ(約410万円)の損害賠償を請求し、検察側も禁固2カ月を求刑していた。
 イタリアでは、学校で同性愛者とからかわれた若者が自殺した事件が広く報じられており、この女性教師は、同事件を踏まえて男児への処罰が適切だったと主張。判決後に記者団に「児童に恥をかかせる意図はまったくなかった」と述べた。同性愛者の権利団体も、教師の無罪を主張していた。
まあ、無罪になるのはいいとして。でも生徒に書かせる内容が「私は馬鹿です」というのはあまり賢くないな。「悪口は控えめに」とか「人に迷惑をかけない」とかを書かせるんならまだわかるけど。無罪になったのには賛成だが、こういうキャラの先生とはあまり係わり合いにはなりたくない。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 00:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM