<< 仏ルモンド社長にジャンテ氏(日経) | main | 天然ガス供給、イランが欧州ルート参加(日経) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


今は57歳から、将来は61歳から年金支給・・・いいね、イタリアは。

イタリア政府、年金支給開始年齢引き上げで労組と合意(日経)
 【ジュネーブ=市村孝二巳】イタリア政府は20日、年金制度改革の焦点である支給開始年齢の引き上げで、労働組合の代表と合意した。現在57歳の支給開始年齢を2013年までに61歳に引き上げる。来年にも60歳に引き上げようとしていたベルルスコーニ前政権に比べると緩やかな改革となる。高齢化に伴う年金財政への負担はなお残り、前首相率いる野党の反発は必至だ。

 プロディ首相は「今回の合意によりイタリアはもっと公平な国になる」と述べ、世代間の年金受給額の格差是正につながるとの考えを示した。合意では現在57歳の支給開始年齢を08年1月に58歳、09年7月に59歳、13年1月に61歳と段階的に引き上げる。年金財政の改善度合いに応じて見直す可能性もあるという。

 改革案は同日の閣議で了承を得た。しかし中道左派のプロディ政権は上院での勢力が中道右派の野党と拮抗(きっこう)しているため、9月からの国会審議は難航しそうだ。
日本人から見ればこれでも恵まれている、と思うかもしれないが、イタリア人から見れば不満かもしれない。なんたって、昔は20年働けば結構な年金がもらえた。40歳台で悠々自適、という人も珍しくなかったのだ。労働組合と合意に達したのなら、最終的にはこの案で通るのではないか。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 21:29
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM