<< 「喫煙天国」に時代の波 (産経)を読んで | main | 盗掘古美術品流出、伊文化相「日本にも返還求める」と明言(読売) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


北野監督起用のCMが話題 ロシア、日本ブームに拍車も (産経)

北野監督起用のCMが話題 ロシア、日本ブームに拍車も (産経)と言う記事を読んだ。北野武がロシアでも有名・・・。まあ、有名は有名だろうけど。「巨匠」なのかな?まあ、そこらへんは人それぞれだろうけど。イタリアではかなり有名だったのは確か。

 個人的には、たけしは「しゃべり」「漫談」に関しては凄いと思うけどね。プーチンと対談したらどうなるんだろう?通訳さんが困ったりして。
(記事全文は「続きを読む」をクリック)

(今回の一品)座頭市 <北野武監督作品>
北野監督起用のCMが話題 ロシア、日本ブームに拍車も (産経)

 原油、天然ガスの価格高騰で好景気に沸くロシアで、松下電器産業が薄型テレビ「ビエラ」のCMに映画監督の北野武さんを起用したことが大きな話題を呼んでいる。モスクワ中心部のクレムリンの近くに、北野さんとビエラの写真を掲げた高さ15メートル、長さ400メートルの巨大看板も登場。折から到来している同国の日本ブームに拍車をかけそうな勢いだ。(佐々木正明)

 7月から放送が始まったCMは、北野さんがシリアスな表情で登場し、「余計な言葉は必要ない。映像がすべてを物語る」と述べ、口に粘着テープを張る。その後、テレビ画面に北野作品の一場面の日本の美しい紅葉風景が鮮明に映し出され、北野さんが「最高品です」とロシア語で語りかけている。

 ロシアでは現在、すしや刺身などの食文化やアニメ・映画などが広く受け入れられて日本ブーム現象が起こっている。なかでも北野さんは日本人セレブの代表格で熱狂的ファンも多い。あるインターネットの調査では、「創造的」「世界の巨匠」などのイメージで知名度は70パーセント以上を超える結果が出た。

 ロシアの主要メディアは「世界のキタノがロシア語をしゃべった」などとこぞって取り上げ、CM放送開始前から、大きな反響を呼んでいた。

 ロシアでは近年、高い経済成長率を記録、一般市民の所得も増加しており、大都市での平均月収の1000ドル(12万円)台の高性能テレビを購入する家庭も急増。ビエラの販売台数も前年比で倍増の勢いを示しており、今年は広告効果で、さらなる売り上げ増が期待できそうだ。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 23:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM