<< 盗掘古美術品流出、伊文化相「日本にも返還求める」と明言(読売) | main | 61歳息子の帰りが夜遅いと小遣い減らす シチリアの母(CNN) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


食いしん坊のイタリア:5年間の間にジェラート屋が23パーセント増加(ANSA)

食いしん坊のイタリア:5年間の間にジェラート屋が23パーセント増加。一番良く食べるのがロンバルディア、ついでエミリア・ロマーニャ、そしてヴェネト。
(ANSA)ミラノ発、8月2日付
イタリア人とジェラートの間には、一目見ただけで愛情が存在している。実際、イタリアでは、7714社のジェラート企業が活躍している。ミラノの商工会議所によれば、2006年の第4四半期における活動している会社は2001年と比較して22.6パーセント増加している。最も多いのがロンバルディアで1263社。ついでエミリア・ロマーニャ(12.5パーセント)、そしてヴェネトが10.7パーセントと続いている。一方、ジェラート会社の数が一番増えているのはカラブリアとバジリカータで、それぞれ44.5パーセント、52パーセントの増加である。
ジェラートの会社(そして恐らく店舗数も)増えていると言うのは、景気が悪くないと言うこと?または、地球温暖化の影響?なんてこともないか。まあ、需要がそれだけ増えている、と言うことだけは確かなようだ。

 ちなみにロンバルディア州というのは、ミラノのある州。エミリア・ロマーニャ州ははボローニャが、ヴェネト州はヴェネツィアがある州です。いずれもイタリア北部の州であります。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 22:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
>>七瀬さまへ
はじめまして。コメントありがとうございます。日本でもジェラートの店が増えているのですか。知らなかった。ただ、大阪を歩いていると、トルコアイスの店をいくつか見かけるようになりました。ジェラートに限らず、いろんな国のメニューを味わうことが出来るのはうれしいことです。景気のことはわかりませんが。
初めまして!
イタリアのニュースを見る機会が無いので新鮮です。と言っても、ジェラートが好きだからって来ちゃったのですが。日本でもアイスの店が増えてるのって、景気が良くなった証拠ですかね?
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
カンティナ・ヴァルパンテーナ・ヴァルポリ
大人気!!前回ご紹介の2003年は360本が完売!!。待望の新着2004年の入荷です。こちらもすでに120本完売。さらに24本追加入荷しました。2007.7.5赤 750mlコルビーナ70%、ロンディナイア30%こちらの赤ワインも見逃せません!!陰干しした選りすぐりのブドウから造られる、こ
  • イタリアがたくさん
  • 2007/08/13 4:41 AM
ロンバルディアを...
000種類以上のワインの中から95年度金賞に次いで、さらに96年産が金賞
  • イタリアの1日
  • 2007/08/12 4:51 AM
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM