<< 「ロシアの南下政策」に関する記事を読んで | main | 一足先に終わったレギュラーシーズン:イタリアの野球(その1) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


EU企業、リビアに対戦車ミサイルを売却

欧州の航空宇宙防衛大手、対戦車ミサイルをリビアに売却へ(読売) 
 【パリ=林路郎】欧州航空宇宙防衛大手のEADS社は3日、傘下のMBDA社がリビアに対戦車ミサイル「ミラン」を売却するための交渉が完了したと発表した。軍事用通信機器の売却に向けた交渉も最終段階にあるという。
 AP通信がリビア高官の話として伝えたところでは、対戦車ミサイルは1億6800万ユーロ(約269億円)相当、通信機器が1億2800万ユーロ(約205億円)相当に達し、取引額は計2億9600万ユーロに上る。
かつて西側の敵方であったリビアの時代とは大きく変わったのかな。まあ、EUがリビアに売っている分にはまだいい。リビアが他の国々に武器や部品を転売する可能性もあるが、それはしょうがない。ただ、EUが中国に武器を売りつける事態が来ないことを願う。フランスは売る気まんまんみたいだから。

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM