<< 一足先に終わったレギュラーシーズン:イタリアの野球(その1) | main | 中立国スウェーデンにも東独スパイ網=冷戦期に工作員50人配置 (時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


一足先に終わったレギュラーシーズン:イタリアの野球(その2)

 前回の記事では、野球のイタリアリーグのプレーオフの準決勝が終わり、残すところは金曜日から始まる決勝7番勝負、と言うことを書いた。組み合わせはマンテパスキ・グロッセートvsダネージ・ネットゥーノ。

 さて今回は、イタリアの野球のサイトを見ながら、イタリアリーグの勉強をしよう。まず、レギュラーシーズンの最終成績表を見てみる。Squadra(チーム)のところを見ると、Cariparma Parmaから始まってAviglianaで終わっている。合計8チーム。レギュラーシーズンでは、Cariparma Parmaが28勝14敗で1位だった。

 チーム数が8で試合数が42試合。ということは、各カード6試合×7ということだろう。そして、ホームアンドアウェーなんだろう。(各3試合)

 さて、このページの右側にCalendario 2007とあるのがおわかりだろうか。これは2007年の日程である。第1節(4月12日)から第16節まであるが、レギュラーシーズンは第1〜第14節まで(3試合×14節=42試合)。第15節はプレーオフ準決勝、第16節は決勝、と言うことだろうと思う。プレーオフの組み合わせは、レギュラーシーズン1位vs4位、2位vs3位の組み合わせになっている。4月から始まって8月に終わるイタリアの野球。残る半年は?各自の仕事があるんだろう。

 さて、このサイトで調べると、イタリア野球の明らかな問題がわかる。20年前の1987年の順位表をみると、12チームであった。それが2007年には8チームにまで減ってしまっている。やっぱりサッカーには勝てないのか。逆に考えれば、かつては12チーム(日本と同じ!)あるほどに盛んだったということか。ま、日本のプロ野球もいつチーム数が10になり8になるかわからないけど。  人気blogランキングへ

スポンサーサイト

  • 2007.09.23 Sunday
  • -
  • 19:59
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
categories
archives
selected entries
recent comment
recent trackback
recommend
sponsored links
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM